eMAXIS Slimシリーズまとめ

前回iFreeレバレッジシリーズまとめをしましたが、今回はeMAXIS Slimシリーズまとめをしたいと思います。

eMAXIS Slimシリーズとは

とことんコストを追求する投資信託、eMAXISSlim(イーマクシス・スリム)
業界最低水準の運用コストを将来にわたって...

三菱UFJ国際投信が運用しているファンドになります。

ウリとしては信託報酬(運用手数料)の安さで、

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)だと0.0968%になります。

トータルのラインナップとしては、以下のようになっています。

このブログは米国株ブログですので、今回は、

先進国株式インデックス・米国株式S&P500・全世界株式(除く日本)・全世界株式(オルカン)

の4つについてみていきたいと思います。

リターンまとめ

前回同様、今回もファンド名は総資産順に並べています。

ファンド名 純資産総額 1カ月 3か月 6カ月 1年 3年
米国株式(S&P500)5,825億円+1.94%+7.19%+18.13%+37.01%+59.73%
全世界株式(オール・カントリー) 2,507億円+0.85%+3.82%+11.20%+33.10%
先進国株式インデックス2,369億円+2.02%+5.71%+16.01%+36.18%+52.59%
全世界株式(除く日本)783億円+0.97%+4.13%+12.18%+33.97%+48.89%

S&P500が一番成績が良いことがわかりました。

とはいえ、どれを買ってもほぼほぼ成績は変わらないという感じですね。

オルカン・オルカン(日本除く)の2つがありますが、構成比率(下図)を見ると
全体の6.5%しかないので、たいして変わらなさそうです。

オルカン・日本除く
オルカン・日本含む

先進国株式の方は、よりアメリカ比率が高まっています。

先進国株式インデックス

まとめ

アメリカ比率が高い順に成績が良くなっています。

知ってましたが、改めて可視化することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました